あなたは知ってる?信用取引のルール

信用取引には委託証拠金が必要

信用取引とは証券会社に口座を開くとすぐに株を買えるようになる現物取引と違い、証券会社などから株を借りてその株を売買することで行われる、より複雑な株取引のことです。より取引の幅が広がる利便性が高い取引である一方、その複雑さゆえに知っておかなければならないルールがあるので、よく把握しておきましょう。
まず信用取引を始めるに当たっては一定期間の株取引の経験が求められ、その後証券会社からの審査に通ると信用取引を行えるようになります。その際、信用取引の原資となる『委託証拠金』の差し入れが求められます。この委託証拠金は信用取引で損失が出た場合、その損失を補填する意味合いのものになるため、これをもとにどの程度の規模の信用取引が行えるのかが算出されます。予想以上に損失が膨らんでしまい、委託証拠金で埋め合わせることができない事態を一般的に「追証」と呼びます。

信用取引には取引期限が設けられている

信用取引で証券会社から借用する株は、言わば借金と同じです。従って信用取引のルールには借金と同じような規定がいくつか存在します。
まず信用取引で空売りなどを行った場合、その期間と借用した株の規模に応じて金利が課せられます。昨今は信用取引における手数料を現物取引と同程度に設定している証券会社も増えましたが、金利についてはどの証券会社であろうとかかります。
また借金と同じようなルールとして、信用取引を行うために借りた株には返済期限があります。つまり信用取引には取引できる期間が設定されているのです。例えどんなに長く保有したいと考えても、期限が来てしまえば強制的に決済されてしまうため、注意しなければなりません。しかし、信用取引の建玉を塩漬けにして長期間保有し続けてしまうと、そのぶん金利がかさんで膨大なコストがかかってしまいます。信用取引は短期で決済するように心がけておきましょう。